2016年08月20日

住宅の住み替えは先に売却を済ませるのがセオリー

住み替えを念頭に置いて新居購入と現住の不動産物件を同時に行いたいなんて例も頻繁に見られます。この場合は、先に売却を済ませてから購入というのが正しいリスクマネジメントです。間違いなく契約上は売約成立までこぎ着けていると言っても、実際に支払いが行われるまではまだ息を抜いてはいけません。

お金が必要になった時に支払いができなくなる恐れもありますから、先に購入してしまって売却はなんとかなるだろうと考えるのは控えた方がいいでしょう。契約後に悔やまないためにも、建物や土地などの不動産を売る際には心がけておきたいことがあります。

その手始めが、似たような物件の流通価格を調査しておき、相場を把握した上で、最低でも二つ以上の不動産会社に査定してもらうことです。市場価格に無頓着でいると、業者の提示額が適切なのか不適切なのかのモノサシを持たないで大きな取引をすることになります。

高値をつけて媒介契約を結び、あとから値下げを持ちかける営業もいるそうですから、最初の一歩は相場を知ることと心得てください。家を売るなら、あとあと悔いが残らないよう、一括で売却見積りができるウェブサイトを活用し、不動産の相場を知りましょう。

一括見積りや一括査定を専門にしているサイトでは、最初の入力だけで多数の不動産業者に見積り依頼することができます。見積り依頼という面倒な作業を一本化し、迅速かつストレスフリーに売却を進められます。上手にそういった一括見積りサイトを利用して、自分にぴったりの仲介業者を見つけましょう。
posted by めんま大好き at 13:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください